58. Être mauvaise langue

主な意味名称未設定

人の悪口を言う人、口が悪い人、中傷家
 
=Être médisant

使用例

– Elle parle sur son chef toujours derrière son dos. Elle est mauvaise langue.
彼女はいつも上司のいないところで悪口を言っている。彼女は中傷家だ。
 
-Certaines mauvaises langues diront que le PDG est un simple hypocrite.
口が悪い奴らは、社長はただの偽善者だと言うだろう。

ポイント

‘Langue’は「舌」、「言語」、‘Mauvaise’は「悪い(形容詞mauvaisの女性形)」を意味します。 ‘Mauvaise langue’で「悪い舌」ですが、なんとなく「口が悪い」という意味が想像できますね。

‘Langue’を使った熟語は他にも ‘Tenir sa langue(口をつぐむ)’、 ‘Avoir la langue longue(口が軽い)’など、沢山あります。

つぶやき

日本語では、「口」が悪い、「口」が軽い、などと言いますが、フランス語では「舌」なのが面白いですね。

この熟語・表現を使って仏作文をしてみよう

とりあえず1回試してみたい?ではぜひ、コメント欄で作文してください!講師がチェックして添削します

メルマガ無料登録はこちら

メールマガジンは隔日で配信中です。定期的に確実に読みたい!という方はぜひ以下のフォームから登録を!LINE@でも配信中です!

無料登録フォーム

Follow me!

コメントはもちろん、質問もどうぞ!