89. C’est chouette

主な意味

いいね!、素敵だね

= c’est chic, c’est sympa

使用例

-Tu es chouette aujourd’hui avec ta jolie cravate.
-お洒落なネクタイをつけて、今日のあなたは素敵ね。

-J’ai réservé une table dans un restaurant japonais pour la St Valentin.
-C’est chouette !
-バレンタインデーのために、日本料理レストランを予約したよ。
-素敵ね!

-Tiens, je t’ai fait un café.
-Merci, c’est chouette !
-はい、コーヒーを淹れて持ってきたよ。
-いいね、ありがとう!

ポイント

もともと、‘une chouette’は、フクロウのことを指します。 ‘Une chouette’は死を告げる、不吉な鳥と言われてきました。一方で、古代ギリシャでの美しい知性の女神アテナの聖鳥としても知られます。このことや、凛とした高貴な姿から、フクロウを美しいものの例えにするようになり、「いいね」「素敵だね」という意味で使われるようになりました。
親しい間の会話でとても良く使われる表現です。

つぶやき

‘C’est chouette’は日常会話で本当に良く使われます。女神アテナの聖鳥からきている表現と聞くと、高貴なものに対して使う表現かと思われるかもしれませんが、割と何に対しても ‘c’est chouette’と言います。「今日の夕飯はカレーだよ」と言うと、 ‘C’est chouette’と返ってきます。

この熟語・表現を使って仏作文をしてみよう

とりあえず1回試してみたい?ではぜひ、コメント欄で作文してください!講師がチェックして添削します

メルマガ無料登録はこちら

メールマガジンは隔日で配信中です。定期的に確実に読みたい!という方はぜひ以下のフォームから登録を!LINE@でも配信中です!

無料登録フォーム

Follow me!

コメントはもちろん、質問もどうぞ!