77. Faire du cinéma

主な意味

大袈裟にふるまう、わがままを言って事態をややこしくする

= Exagérer, faire des caprices, compliquer les choses

使用例

-Regarde ma blessure ! Je me suis blessé avec le couteau pendant que j’épluchais une pomme. Ça fait vraiment mal et je pense qu’il faut que j’ailles aux urgences.
-Tu fais du cinéma pour cette petite blessure… ça ne saigne même pas.
-僕のこの傷を見て!りんごの皮をむいている時にケガしちゃったんだよ。すごく痛いし、救急外来に行かなきゃいけないじゃないかと思うよ。
-そんな小さなケガで大袈裟な・・・。血も出てないじゃない。

-Je ne suis pas content de tes manières quand tu es avec mes copains. Tu ne peux pas être un peu plus sympa ?
-De quoi tu parles ? Tu n’es pas en train de faire du cinéma un peu, non ?
-僕の友人と一緒にいる時の君の態度はあまり良くないよ。もう少し感じ良くできないの?
-何を言ってるの?ややこしいことを言い出さないで。

-Ah ça commence, elle fait toujours du cinéma même pour de toutes petites choses.
-あぁ、また始まったよ。彼女はいつも本当に小さいことに色々言って、事態をややこしくするんだ。

ポイント

‘Faire’は「~を作る、~する」、 ‘Cinéma’は「映画」を意味しますので、「映画を作る」、「演技をする」をするという意味が転じて、そのように振る舞う必要のないと思われるシチュエーションで、何かの役を演じるように振る舞って現実にそぐわない言動している様子を指す表現です。

つぶやき

自分では大袈裟にふるまったり、現実にそぐわない言動をしているつもりが無い時に、 ‘Tu fais du cinéma’と言われると、「何で分からないの?!」と余計ヒートアップしてしまいますよね。

この熟語・表現を使って仏作文をしてみよう

とりあえず1回試してみたい?ではぜひ、コメント欄で作文してください!講師がチェックして添削します

メルマガ無料登録はこちら

メールマガジンは隔日で配信中です。定期的に確実に読みたい!という方はぜひ以下のフォームから登録を!LINE@でも配信中です!

無料登録フォーム

Follow me!

コメントはもちろん、質問もどうぞ!