73. S’en sortir

主な意味

(難しい状態から)抜け出す、(困難を)切り抜ける

= Se débrouiller
= Y arriver

使用例

-Ça va ? Tu t’en sors ?
-Oui oui, ne t’inquiète pas
-大丈夫?何とかなりそう?
-うんうん、心配しないで。

-Il faudra qu’on trouve une solution pour s’en sortir.
-今の状況を抜け出すために、何か解決策を見つけなくてはならない。

-J’ai trop de charges quotidiennes et je ne m’en sors plus financièrement.
-生活費がかかりすぎて、もう経済的にやっていけない。

ポイント

‘S’en sortir’は紐解くと、 ‘se sortir de~’がもとの形です。 ‘de~’が中性代名詞の ‘en’に置き換わっています。‘Sortir’は「出る」、 ‘de’は「~から」ですので、直訳すると「○○から出る」となり、「(難しい状態から)抜け出す」、「(困難を)切り抜ける」という意味も想像しやすいのではないかと思います。
同義語の ‘Se débrouiller (なんとかする)’よりも、「どうにかこうにか切り抜ける」というニュアンスが強いです。

つぶやき

なにかの困難の立ち向かっている時、‘Tu t’en sors ? (どうにかなりそう?)’と声をかけてもらった時、「ダメそうだ」と思ったら、正直に ‘Non, je ne m’en sors pas(どうにもできない)’と相手に伝え、助けを求めましょう。日本人は遠慮の気持ちから、 ‘ça va aller (どうにかなりそう)’などと言ってしまいがちですが、本当に大丈夫だと思われて、一人でどうにかしなくてはならなくなります・・・。

この熟語・表現を使って仏作文をしてみよう

とりあえず1回試してみたい?ではぜひ、コメント欄で作文してください!講師がチェックして添削します

メルマガ無料登録はこちら

メールマガジンは隔日で配信中です。定期的に確実に読みたい!という方はぜひ以下のフォームから登録を!LINE@でも配信中です!

無料登録フォーム

Follow me!

コメントはもちろん、質問もどうぞ!