57. Ça ne te regarde pas

主な意味名称未設定

君には関係がないことだ

=Ce n’est pas tes affaires, Occupe-toi de tes oignons

使用例

– Tu ne devrais pas te mêler dans ses affaires, ça ne te regarde pas.
彼の問題に首を突っ込まない方がいいよ、君には関係ないのだから。

-Tu ne comprends toujours pas que ça ne te regarde pas ?
-Si, ça me regarde !
君には関係がないことだってことがまだ分からないの?
いや、関係あるよ!

ポイント

‘Ça’は「これ」、 ‘Regarde’は ‘Regarder (見る)’の活用形(3人称単数)です。
‘Ça ne te regarde pas’を直訳すると、「これは君を見ない」となりますが、このままでは意味が良く分かりませんね。慣用句でよく聞く表現なので、 ‘Ça ne te regarde pas’で「関係ない」と覚えてしまいましょう。

‘Ça ne te regarde pas’の ‘te’は 、‘me (私に)’, ‘vous (あなた、あなた方に)’, ‘le (彼に)’, ‘la (彼女に)’, ‘les (彼らに)’と置き換えて言うことができます。

つぶやき

会話で良く使われますが、「あなたに関係ない」と言われて気持ちいい思いをする人はあまりいないので、使い方には注意が必要ですね。

この熟語・表現を使って仏作文をしてみよう

とりあえず1回試してみたい?ではぜひ、コメント欄で作文してください!講師がチェックして添削します

メルマガ無料登録はこちら

メールマガジンは隔日で配信中です。定期的に確実に読みたい!という方はぜひ以下のフォームから登録を!LINE@でも配信中です!

無料登録フォーム

Follow me!

コメントはもちろん、質問もどうぞ!